インドネシアの鉱山開発メルデカ・コッパー・ゴールド、企業解説

インドネシアの鉱山開発メルデカ・コッパー・ゴールド
Merdeka Copper Gold(MDKA)はインドネシアの大手投資会社
であるサラトガ・インベスタマ・セダヤの子会社です。
同社は開発資金としてシンジケートローン1.3億ドルを
確保しています。

金融機関はBNP Paribas, HSBCなどです。
同社が開発する採掘場所は240万オンス規模の金鉱、
7500万オンス規模の銀などがあるとしています。

インドネシア資本の同社は金、銀、銅などの採掘をしていて、
メインの鉱山はTujuh Bukitマイニングとなります。
同社の子会社はPT Bumi Suksesindo, PT Damai Suksesindo,
PT Cinta Bumi Suksesindoなどです。

2017年までに最大生産能力を金90,000オンス、銀30万オンスに
達成させるとしています。
売上規模は1.6億ドルまで伸ばす予定です。