マレーシアにおける王子製紙の企業買収に関して

近年、王子製紙はマレーシアにて同業他社の買収を次々と
仕掛けています。
同社はマレーシアで6つのカートン生産工場、2つの製紙工場を
運営しています。
また、2016年2月にはマレーシアの段ボールメーカー、
ダズン・ペーパー・インダストリアル社Dazun Paper Industrialを
買収することを決定しています。

2015年にはラベル印刷製品や紙器、パンフレット等の印刷・加工製品を
製造販売するハイパー・リージョン・ラベルHyper-Region Labels社
及びその関連会社の発行済株式の60%を取得する株式売買契約書を
締結しています。

2014年10月はマレーシアの紙おむつ製造販売会社ピープル&グリットの
株式80%を取得しました。

2011年にはマレーシア証券取引所(BURSA)上場企業HPIリソーシズ
HPI Resources(HPI)社の株式取得を実施しています
(その後同社は非上場化)。

2010年度にはマレーシアの段ボール生産企業のGS Paper&Packaging社の
株式75%を取得しています。
25%は日本の商社のMarubeni Corpが保有しています。