マレーシアのLCC最大手であるエアアジア、増資を検討

マレーシアのLCC最大手であるエアアジアAirAsia(AIRASIA)は
10億リンギの新規株式発行を行い、増資分を創業者
Anthony Fernandes氏、Datuk Kamarudin Meranun氏に
割り当てる計画を検討しています。

発行株式数5億5900万株、1株1.84リンギとして、2者が保有している
Tune Live Sdn Bhdが引き受けます。
2016年3月末時点でエアアジアの株式比率に関してFernandes氏、
Kamarudin氏が直接的、間接的に18.9%を保有しています。

AIRASIA社の2015年度業績は売上62億9900万リンギ、
純利益5億4100万リンギでした。

一方で長距離路線を運営するエアアジアX社(AAX)の2015年度の業績は
売上+4.3%増の30億6260万リンギ、純利益―3億6000万リンギでした。

同社は1年前と比較して株価が25%下落しています。
背景にはLCCの競争環境が激化していること、通貨リンギの下落などが
影響しているとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。