タイの衛星事業タイコム社とミャンマーのフォーエバー・グループが業務支援契約

ミャンマーの複合企業でメディアを率いるフォーエバー・グループ
Forever Groupは長期契約でタイの衛星事業を展開するタイコム
(THCOM)との衛星受信契約を締結しています。
同契約はミャンマー国内での高精細度テレビ放送やデジタルコンテンツ
開発を支援する内容になっています。

フォーエバー・グループ側はエンターテイメントのコンテンツや
ニュースをミャンマー国内へ届けるため今回の契約は有用であるとし、
タイコム側でも経済成長が続くミャンマーでのさらなる展開として
協力関係が結べるとしています。

タイコム社は15年以上にわたりミャンマーをキーとなる市場として
見てきました。
国営のミャンマー郵電公社MPTが展開する衛星ブロードバンド・サービスを
開始後、2010年にタイコム社の通信衛星「Thaicom 5」を通じて
SKY NETというサービス名称でインターネット通信サービスも
提供しています。

タイコム社(THCOM)はタイ証券取引所(SET)に上場するインタッチ・
グループ(INTOUCH)の傘下で、衛星通信、衛星放送事業を
展開しています。
インタッチはシンガポール国策投資企業テマセク・ホールディングスが
資本になります。
2015年度の業績は売上131億3600万バーツ、純利益21億2200万バーツと
好調でした。

一方、フォーエバー・グループはタイのBECワールド(BEC)と合弁会社
フォーエバーBECテロ社を2013年設立するなど、積極的にタイ資本と
合弁会社を設立しています。
インターネットによる教育システムやEブックの制作、地上波テレビ
MRTV-4などを放送しています。