タイの楽天はRakuten Tarad株式67%を売却

タイの楽天はRakuten Tarad株式67%を売却したことを
発表しています。
売却先はタイ国内でホスティングサービスを手掛ける
Porar Web Application社で売却額は非公開としました。

2009年より楽天側が出資して立ち上げたRakuten Taradでしたが、
2016年に入り急遽東南アジアでのEC電子商取引サイトの撤退を
発表しました。

09年時点には当時ローカルの大手ECサイトを運営していた
TARAD Dot Comの株式を購入。
およそ335万USドルで子会社化して、タイ市場に参入しました。
楽天側は今後CtoCのモバイルコマース事業へ注力するとしています。

Tarad側では創業者のPawoot Pongvitayapanu氏が引き続き
経営権を持ち、事業の運営を進めていくとしています。
同社は27万件の販売企業、270万件の顧客が存在していますが、
近年ライバル企業の参入が相次いでいます。
2013年度の純損失は1億1700万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。