タイ国内の中古家電、中古モバイルの販売大手商業エリア

●パンティップ・プラザは、タイ首都バンコクのペッブリー通りにある
IT専門のショッピング・モール。
パソコンやその周辺部品、携帯電話、デジカメ、海賊版の音楽CD、DVD、
パソコンソフト、ゲームソフトなども売られている。
同社を管理するのはTCCグループで、同店舗ブランドはPantip Plaza2
(ノンタブリー県)、Pantip Bangkapi(バンカピ区)。
チェンマイ県などでも展開している。

●MBKデパートメント、別名マーブンクロンセンターは、
タイ首都バンコクのパトゥムワン区にある巨大ショッピングモール。
1985年開業、地上8階建てで幅は約330m。
89000平方メートルの売り場面積を持ち、携帯電話や電気製品、家具などを
中心として約2500の店が入居している。
MBKデパートはタイの老舗ホテルグループであるドゥシタニが経営している。
中古携帯電話フロアは4階に限定されていて、あらゆる携帯電話、IT機器が並ぶ。

●フォーチュンタウンITモール(FortuneTown IT Mall)
MRT地下鉄駅プラ・ラーム9駅上のフォーチュンタウン・ビル2~4階に
ある電脳フロアで、スマートフォン、パソコン、オーディオ、タブレット、
PCソフトが販売されている。
上階はオフィスビルとグランドメルキュール・フォーチュンホテルがある。
総面積は6万平米ありテスコロータスなど大型スーパーなども入居している。
管理主体はCPLand社。