マレーシアのK&Nケナンガ社と楽天証券が合弁会社設立

マレーシアのK&Nケナンガ・ホールディングスの子会社であるケナンガ・
インベストメント・バンクと、楽天証券がネット専業リテール証券開始に
向け合弁会社を設立すると発表しました。

K&Nケナンガ・ホールディングスK&N Kenanga Holdings(KENANGA)社は
マレーシア証券取引所(BURSA)に上場する金融系企業で主に6つの領域の
事業、投資銀行、証券仲介、先物投資、融資、金融情報、調査などを
展開しています。
同社はマレーシア国内30店舗以外にサウジアラビア、ベトナム、スリランカ
などで展開しています。

2014年度にはブルサマレーシア・アワード受賞を発表しています。
また、傘下のケナンガ・インベストメントバンク社:マレーシア最大の
独立系投資銀行”Best Retail Equities Broker”、”Best Online Broker”
を表彰されています。

2015年度の業績は売上で2億3700万リンギ、純利益では1130万リンギでした。

楽天証券とケナンガホールディングス社ではマレーシアの金融当局による
ライセンスを取得後に2017年からオンライン証券事業を開始します。