シンガポール・プレス・ホールディングは第2四半期の業績発表

シンガポール・プレス・ホールディングSingapore Press Holding
(SPH T39)が第2四半期の業績を発表しています。
売上下落はわずかでしたが利益が大きく下がりました。
売上は2億6400万Sドルで-4%下落、純利益では5410万Sドルで
-22%下落しています。

2014年度(8月決算)までの売上1は2億1500万Sドル、
純利益4億400万Sドルになっています。
2015年度(8月決算)はマイナス3%で11億8000万Sドル、
純利益-20%減で3億2170万Sドルと下落しています。

同社はシンガポールメディアの最大手企業です。
英語、マレー語、タミル語、中国語などで100以上のメディア媒体を
展開しています。
報道、新聞、雑誌など幅広い分野を手掛け、中国語新聞では聯合早報
(Lianhe Zaobao)日刊約20万部やストレーツ・タイムズ発行のストレーツ・
タイムズ・プレス・ニュースなどを発行しています。
オンラインでもSPH Degital、Asiaoneニュース、求職サイトST JOBs、
不動産サイトST Propertyなども手掛けています。