マレーシア有数の大手不動産開発会社、マーシン・グループ、企業解説

マレーシアのAmインベストメントバンクでは同国不動産大手の
マーシン・グループの開発するCerrado Residential Suitesが
好調であると分析しています。
同社メインの開発地域セランゴール州サウスヴィラ・
シティタウンシップでのプロジェクトです。
価格帯38.8万~59.9万リンギ、総戸数は1,626戸で35階建て、
4つの棟を開発し、開発価格は8億3200万リンギ、2016年~2020年
で完成する計画です。

マーシン・グループはマレーシア有数の大手不動産開発会社であり、
住宅不動産開発、プラスチック製造、投資事業などを展開しています。

2015年度の業績は売上は31億0900万リンギ、
純利益3億8700万リンギでした。
毎年、増収増益を繰り返して成長しています。
子会社にCapitol Avenue Development Sdn Bhd、
Convention City Development Sdn Bhd、Elite Park Development Sdn
Bhd、Garden Vista Development Sdn Bhd、Gentali Motor Corpn Sdn
Bhdなどを傘下としています。