マレーシアの自動車メーカー、プロトン社の業績

マレーシアの自動車メーカーであるプロトン社は、2012年に筆頭株主
であった政府系投資会社カザナ・ナショナルが保有するプロトン株
42.7%をDRB-ハイコムに売却すると発表し、プロトン社はDRB-Hicom社
の子会社となりました。
2012年5月に同社はマレーシア証券取引所から非上場化しています。

マハティール元首相が会長を務めていましたが、2016年3月に辞任する
と発表しています。
プロトン社は1983年に設立され、一時はマレーシア国内の自動車販売
シェア50%になりましたが、国内シェアは落ち続けています。
非上場化前の2011年度業績は売上89億6900万リンギ、
純利益1億6053万リンギでした。
2015年度の国内販売シェアは15%まで下がっています。