シンガポール証券取引所上場のスーパーグループがタイで展開

シンガポール証券取引所(SGX)上場のスーパーグループ(S10)では
AEC展開の一つとしてタイに注目しています。
同社はインスタントカフェ、コーヒークリープ事業を展開していて、
2014年度売上は5億5700万Sドル、純利益9900万Sドルとなっています。
既にミャンマー、マレーシア、中国、シンガポール、ベトナムへ
展開しています。

同社はミャンマーでインスタントコーヒー市場シェア30%を
保有しています。
インスタントコーヒー”SUPER”のブランドが全体の売上を大きく
占めており、その他にインスタント食品(シリアルフレーク、飲料、コーヒー)
の製造から包装、販売までを手掛けています。

同社はAECにおける投資自由化、上級労働力の自由化、サービス自由化
などでスーパー・グループも大きく展開できると見ています。
コーヒーパウダー生産工場も1万トンから2万トンまで拡大を進めるなど
合計で1億3000万Sドルを投じて生産能力拡大を進めています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。