インドネシア通信塔サービス展開のサラナ・メナラ・ヌサントラ、企業解説

インドネシアで通信塔サービスを展開するサラナ・メナラ・ヌサントラ
Sarana Menara Nusantara(TOWR)社はディジャウム・グル―プによって
運営されています。
同社は自社株10%を投資家へ売却することを発表しています。

同社子会社のPT Profesional Telekomunikasi Indonesia
(Protelindo)社ではマレーシア資本の通信大手XLアクシアタ(XL)から
2,500の通信塔を3兆5600億ルピアで購入しました。

Protelindo社は無線通信塔をインドネシア、海外で展開し、
およそ12,000塔を管理しています。
2003年にバンドンで設立された同社の親会社はSarana Menara Nusantara社
となります。

2015年度業績は売上前年比+8.8%増で4兆4700億ルピア、
純利益は前年比+168%増で2兆9600億ルピアとなっています。

Sarana Menaraの株式32%はインドネシア有数の大手タバコ財閥
ジャルムグループが保有しています。