タイの中堅不動産、MKリアルエステイトがバンコク都内で新規開発

タイの中堅不動産MKリアルエステイト社MK Real Estate(MK)では
新規に2つの一戸建て住宅開発を発表しています。

新ブランド名称”Chuan Chuen Grand”ではラチャプルック・ラマ
5世通り地区に、もう1カ所はエカチャイ・バンボン地区になります。
合計投資額は17億バーツ、一戸建て販売開始価格は800万~1200万
バーツとなります。

“Chuan Chuen Grand Ratchapruek-Rama 5″プロジェクトは108戸数、
149~208平米の広さ。
“Chuan Chuen Grand Ekachai Bang Bon”プロジェクトでは93戸数、
190~260平米の広さとなります。

MKリアルエステイト社は主に高級住宅、コンドミニアム開発を手掛けていて、
主なブランドは“Chuan Chuen”“Serene House”等、特に一戸建て開発を
得意とします。
これまで低層階住宅と一戸建て開発を継続し、バンコク郊外エリアでは
チュアンチェンブランドで35カ所以上の戸建て開発をしてきました。

2015年度業績は売上39億9600万バーツ、純利益6億2600万バーツで
好調な業績でした。