アマタ・ベトナム、さらに2つの工業団地開発を進める

アマタ・ベトナムAmata VN(AMATAV)では2016年に2億ドルを投じて
2つの工業団地を開発します。
海外からの投資が増え続けることから、既存のアマタシティ・ビエンホア
Amata City Bien Hoa工業団地のさらなる開発とホーチミンシティ
から近いアマタシティ・ロンタンAmata City Long Thanh工業団地
を開発します。

アマタ・ベトナム社はベトナム国内で外資の工業団地大手となり、
6000万USドルをビエンホアへ投資しています。
第1四半期では7.4ヘクタールの不動産を販売しています。
2015年度に同社ではLong Thanh地区の410ヘクタールの開発取得を
得ています。

アマタ・ベトナムは同社は1994年設立、2015年にタイ証券取引所
(SET)に上場しています。
ドンナイ省ビエンホアで約700ヘクタールの工業団地アマタシティ
(ビエンホア)を開発運営し、同省ロンタンでは新工業団地の開発
を進めています。

2015年度業績は売上8億900万バーツ、純利益1億2100万バーツと
なっています。