タイ国営石油の子会社で製油・石化のPTTグローバルケミカル、さらに生産力拡大

タイの国営石油(PTT)の子会社で、製油・石化のPTTグローバルケミカル
PTT Global Chemical(PTTGC)は2016年さらに投資を進め事業拡大を
目指します。

CEOのSupattanapong Punmeechaow氏は、石油化学品の年産能力は
880万トン、年間+7%増で進めるとしています。
同社はラヨーン県マプタプット工業団地内で1億2900万USドルなどを
投じ、アロマティクス製品242万トンの年産能力を上げます。

またヨーロッパではフランスのリヨンで1800万USドルを投じます。
タイ国内ではエチレン製品(年産50万トン)、
プロピレン製品(年産26万トン)でも生産量を増やす計画です。

2015年度業績は売上4103億5300万バーツ、前年比-29%減。
純利益205億0200万バーツ、前年比+33%増となっています。

同社は2011年度にタイのPTTアロマティクス(PTTAR)と
PTTケミカル(PTTCH)が合併して誕生した石油化学大手企業で、
PTTグローバル・ケミカル(PTTGC)と社名変更しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。