タイのアルコール市場に関して、大半が蒸留酒とビール消費

タイのアルコール市場では大半が蒸留酒とビールの消費と
なっています。
タイ国全土の2011年度アルコール市場規模は3298億バーツ
(1兆~1.2兆円規模)と発表されていて、ビール市場が50.4%、
スプリッツァー市場が44%、ワイン市場は5%、RTD市場は1%
程度となっています。

ビール市場ではタイビバレッジ系”ビアチャーンBeer Chaag”、
シンハー系“シンハーSingha”“リオLeo”などのブランドが多くを
占めていて、スプリッツァー市場ではタイビバレッジ系子会社が
市場を席捲しています。

シンガポール証券取引所(SGX)に上場しているタイ・ビバレッジ
Thai Beverage(Y92)では2015年度業績は売上1720億バーツ前年比+6%増、
純利益264億バーツ前年比+21%増となっています。
同社はタイ大手企業ですが、タイの仏教団体の反発によって
シンガポール証券取引所(SGX)に上場しています。