インドネシアのバンク・マンディリ第1四半期総資産が下落

インドネシアのバンク・マンディリBank Mandiri(BMRI)の
2016年度第1四半期の業績は、総資産906兆7394億ルピア、
純利益3兆8169億ルピアでした。

総資産・純利益がともに下落した影響で、株価も下落しています。
引当金とクレジットへのコスト上昇のため、純利益を下げました。

2015年度業績は総資産910兆634億ルピア、
純利益20兆3349億ルピアでした。

バンク・マンディリ銀行(BMRI)は1998年に、バンク・ブミダヤ
PT Bank Bumi Daya、バンク・ダカンネガラPT Bank Dagang Negara、
インドネシア輸出入銀行PT Bank Ekspor Import Indonesia:
Bank Exim、
インドネシア開発銀行PT Bank Pembangunan Indonesia (Bank Bapindo)
の4行合併により設立しています。

同行は2003年にインドネシア証券取引所(IDX)上場し、政府持株比率は66%、
同国の4つの国営銀行のうち、資産額1位となっています。