マレーシア最大のプランテーション企業フェルダ・グローバル、企業解説

マレーシア最大のプランテーション企業であるフェルダ・グローバル・
ベンチャーFelda Global Ventures Holdings(FGV)は、
新規にYangambiGT1という耐性種子開発を進めており、
今後3年間でおよそ6億リンギ規模の追加収益があると期待しています。

2016年現在、60,000ヘクタールあるプランテーションの中で
4%が病気による被害を受けており、被害合計金額は15億リンギに
上ります。
同社CEOであるDatuk Zakaria Arshad氏は今後はYangambiGT1
パームオイル種により被害を減らすことが出来るとしています。

フェルダ・グローバル・ベンチャー(FGV)の2015年度業績は
売上155億6000万リンギ、4.9%減、純利益1億699万リンギ、
67%減でした。
販売コストなどが上昇したためとしています。

同社はマレーシア農業セクターでも代表的な企業で、
パーム油やゴムのプランテーション保有・経営、大豆・キャノーラ油、
油脂化学、砂糖などの製品生産をしています。
2012年度に東南アジア域内でも大型と言われるIPOを実施しました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。