スイス・ホルシム社はサイアムシティ・セメント持株を放出し、ジャディーン系企業へ売却

スイス・ホルシム社は2015年にサイアムシティ・セメント
Siam City Cement(SCCC)社の持ち株27.5%を放出し、
香港のコングロマリットであるジャディーン・グループへ
売却しました。

サイアムシティ・セメントにはラタナック・ファミリーが
大株主1位で出資しており、ホルシム社の売却後もラタナック・
ファミリーの持ち株は変わらず45.4%を保有し続けます。

ホルシム社はサイアムシティ・セメント(SCCC)の第2位の
大株主でしたが、売却後はジャディーン・グループの傘下である
ジャディーン・サイクル・キャリエッジJardine Cycle and Carriage
(C07)が第2位の株主として引き継ぎます。

ホルシム社は2015年にフランス系セメント会社ラファージュLafarge社と
合併取引を完了し、新会社「ラファージュホルシム」(スイス)が
誕生しています。

サイアムシティ・セメント社の2015年度業績は売上314億8100万バーツ、
純利益45億7900万バーツとなっています。
セメントの年産能力は1450万トンで、サラブリ県に工場を持っています。

ジャディーン・サイクル・キャリエッジ社(C07)はシンガポール証券取引所
(SGX)に上場する自動車部品製造・ディラー事業などを展開している企業で
2015年度業績は売上157億1800万Sドル、純利益6億8800万Sドルでした。