マレーシアのUEMサンライズがフェーズ3のメリア・レジデンス販売開始

マレーシアのUEMサンライズUEM Sunrise Bhd(UEMS)は
フェーズ3のメリア・レジデンスの販売を開始すると
発表しました。
販売額は2億600万リンギに達していて、売行きは好調である
としています。

2020年完成予定のプロジェクトは5つのフェーズに分かれていて、
総開発価値はおよそ5億7300万リンギになる予定です。
残りの2つのフェーズは2017年以降の販売になります。

COOであるRaymond Cheah氏は3か月~6か月内の完売を
目指していましたが、予想よりも好調であったとコメントしました。

UEMサンライズ社(UEMS)はマレーシア証券取引所(BURSA)に
上場している不動産開発大手企業で、不動産土地取引、不動産開発、
住宅開発、商業地開発を手掛けています。
イスカンダル・マレーシア、ジョホールなどでの開発が中心です。

同社は7,760エーカーの不動産をヌサジャヤ地区に保有し、
子会社にはNusajaya Resort Sdn.Bhd、Sunrise Berhad、
UEM Land Berhad、UEM Sunrise(Australia)Sdn.Bhd、
UEM Sunrise(Canada)Sdn.Bhd、
UEM Sunrise Management Services Sdn.Bhd、
UEM Sunrise Properties Sdn.Bhd.などを抱えています。

2015年度業績は売上17億5000万リンギ、
純利益2億5700万リンギでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。