マレーシアのグアンチョンが株式70%を不二製油へ売却

マレーシア証券取引所(BURSA)に上場するグアンチョンGuan Chong
(GCB)は、同社子会社株式の70%をチョコレート用油脂等食品素材
大手の不二製油グループへ売却すると発表。
グアンチョン社の子会社GCB Specialty Chocolates社の株式を
不二製油グループのフジオイルアジアFuji Oil Asia Pteが
購入することになります。

グアンチョン(GCB)はマレーシアを拠点とする食品製造メーカーで、
ココア、チョコレート、ココアバター、ココア製品、ココア関連食品
添加物などを扱います。
マレーシアのほかにはシンガポール、インドネシアでも展開しています。

子会社にはGuan Chong Cocoa Manufacturer Sdn. Bhd、
Enrich Mix Sdn. Bhd、GCB Foods Sdn. Bhd、
GCB Specialty ChocolatesSdn. Bhd、GCB America, Inc、
Cocoarich Sdn. Bhd、GCB Cocoa Singapore Pte. Ltd、
PT GCB Cocoa Indonesia、PT GCB Cocoa Indonesia、
Carlyle Cocoa Co, GCB Gourmet Sdn. Bhdなどがあります。

2015年度業績は売で前年比+30%増、23億8070万リンギ、
純利益2275万リンギでした。
アジア域内での菓子・チョコレート製造ニーズ増加により前年赤字
から黒字化しています。