インドネシア不動産開発大手のアグン・ポドモロランド、代表が辞任

インドネシア不動産開発大手のアグン・ポドモロランド
Agung Podomoro Land(APLN)では、現在インドネシア
汚職不正防止委員会より追及と事業の一時停止を求められている問題で
代表取締役Ariesman Widjaja氏が辞任の意向を表明しています。

インドネシアの汚職不正防止委員会Corruption Eradication
Commission(KPK)では、アグン・ポドモロランドがジャカルタ特別州議会
議員へ対して、不動産開発に関して不正行為を行い便宜を図ったとして
追及しています。
インドネシア政府では2016年5月に17に及ぶジャカルタ北部での人工島・
不動産開発プロジェクトの一時停止を行っています。

ジャカルタ湾北部の人工島の建設事業に絡む贈収賄事件では同社株価は
大きく下落し、2016年3月で―8%、4月では15%以上の下落となりました。

2015年度業績は売上前年比12%増の5兆9700億ルピア、
純利益前年比5%減で8089億ルピアでした。

同社は住宅不動産、大型商業地開発、都市開発ではPodomoro City
、Kuningan City、Senayan Cityを開発。
リゾート開発ではSofitel Bali Nusa Dua Beach Resortsなどを開発、
Lindeteves Trade Center Gading Nias Residenceなども手掛けています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。