2016年はタイ企業が続々とIT・ウェブサービス参入発表

2016年に入り、タイの企業は続々とITやウェブサービスへの参入を
発表しています。
セントラル・グループではスマートフォンアプリで買い物支援を行う
Central Smart Shopperを発表。
同百貨店などで利用できるクレジットカード特典、割引サービスなどを
即時確認出来るとしています。
今後アプリを通じた購入インセンティブも進めて行きます。

同社はセントラル・オンラインブランドでCOL(COL)をタイ証券取引所
(SET)に上場させています。
2015年度の業績は売上108億バーツ、純利益3億バーツでした。

また、インターネットロジスティクス、Eビジネスサービスなどを手掛ける
NETBAY社はタイ証券取引所(SET)二部市場への上場を計画をしています。
主幹事はマレーシア系のメイバンク・キムエンMaybank Kim Eng
(Thailand)が進めます。
Netbay Public Company Limited(NETBAY)社はソフトウェア、
SaaSサービスなどを展開しています。