タイ第2位携帯電話キャリア”DTAC”を展開するトータルアクセス・コミュニケーション、新通信サービスを発表

タイで第2位の携帯電話キャリア”DTAC”を展開するトータルアクセス・
コミュニケーションTOTAL Access Communication(DTAC)が
プリペイドカードDTAC Super 4Gを新通信サービスとして
発表しました。
インターネット通信ヘビーユーザーで高速回線を求める層へ
ターゲティングしています。

DTAC社のCEOであるLars Norling氏は同社調査で
プリペイドカードユーザーの68%がスマートフォンを利用中であると
しています。
また、データ消費量は前年比+46%まで伸びているとしています。

多くの時間をデジタル・オンラインに費やすデジタル・
ジェネレーション向けに今回のSIMカードを販売し、
2016年度内に同商品で100万回線を獲得する目標です。

DTAC Super 4G SIMパッケージは無制限のデータ利用が可能で
Youtubeなどの動画は深夜12:00~8:00AMまで無料としています。
最大12ギガバイトまで高速インターネット通信が可能です。

DTAC社は16年3月時点で2550万人の加入者がいて、2000万人が
プリペイドサービス利用者です。
通信周波帯では800MHz、1,800MHz、2.1GHzを展開しています。

2016年度第1四半期では売上216億バーツ、純利益12億バーツと
なっています。