インドネシアのサリム・グループは同国内で養鶏事業参入を決定

インドネシアのサリム・グループは同国内で養鶏事業への参入を
決定しています。
同国内最大のシェア34%を誇るタイのCPグループ傘下、
チャロンポカパーン・インドネシアCharoen Pokphand 
Indonesia(CPIN)との戦いになります。

タイのCPINチャロンポカパーン社はタイ国内のみならず、
東南アジアを中心に養鶏、養豚、コメ、食品関連事業を展開する
コングロマリットです。
2015年度業績は売上30兆1077億ルピア、純利益1兆8369億ルピアと
なっています。

サリムグループは2016年2月にマレーシアの養鶏大手である
CAB Cakaran(CABチャカラン)社の株式を一部取得。
マレーシアの養鶏・鶏肉加工大手CABチャカランに3100万リンギ
出資することで合意しました。
その後、インドネシアの養鶏事業への参入を発表しています。

CAB Cakaran Corporation:CABチャカランコーポレーション(CAB)
7174はマレーシア最大規模の鶏肉加工企業で、養鶏、鶏肉加工、
水産加工の大手です。
2015年度業績は売上6億7200万リンギ、+32%増、純利益1604万リンギ、
43%増でした。

ブランド名”LIKES”、”GARING”、”AyamLikes”などを展開しています。
2015年3月にニュー・ケミカル・トレーディング、
セリ・クダ・コーポレーションと合弁企業を設立し、
バイオマス発電などを行うことも発表しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。