タイ証券取引所二部上場のサイアム・ウェルネス・グループ、企業解説

タイ証券取引所二部上場のサイアム・ウェルネス・グループ
SIAM Wellness Group Plc(SPA)が2016年度の第1四半期の
業績を発表しています。
売上1億7600万バーツ、純利益3500万バーツとなりました。
2015年度業績は売上5億4300万バーツ、純利益1億600万バーツでした。

同社はデイスパのブランド、”Let’s Relax”、”Rarin Jinda”、
“Baan Suan”を展開しています。
2020年度までに15カ国の展開を計画しており、2016年6月には
海外店舗を中国・昆明で開業します。

CEOであるWiboon Utsahajit氏は、次の市場はラオスの都市、
ルアンパパーンLuang Prabangであるとし、2016年度内の開業を
進めています。

2016年時点でタイ国内に24店舗のスパを展開していて、
900名のスタッフを抱えています。
15店舗はバンコク、3店舗はチェンマイ、2店舗はプーケット、1店舗
ずつパタヤ、サムイ島、クラビ、ホアヒンなどに展開しています。

ラオスの次にはカンボジア、ベトナム、ミャンマー、インドネシア、
シンガポール、フィリピンなどの展開を検討しています。
進出方法はフランチャイズ方式、合弁企業、直営方式の3タイプと
しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。