イギリスのEU離脱に関し、タイ証券取引所の総合指数も下落

イギリスのEU離脱問題に関して、タイ証券取引所(SET)の総合指数は
―23.21ポイント(-1.62%)下落しています。

取引額は882億バーツとなり、大型銘柄も売られました。
上位で取引額が大きかった銘柄では
PTTタイ国営石油      308.00バーツ -4.94%の下落
THAIタイ国際航空      24.60バーツ +7.89%の上昇
PTTEPタイ国営石油開発    79.75バーツ -5.06%の下落
IVLインドラマ・ベンチャー  30.00バーツ -5.51%の下落
SCBサイアム商業銀行   132.00バーツ -2.22%の下落 
となりました。

今回の影響はEU域内にとどまらず、世界経済全体への影響も
取り沙汰される中で、タイについては長期的に見れば強い影響は
少ないとする意見も出ています。

短期的にはパニック売りによる株式市場の下落があるとしていて、
欧州投資家の一部がタイ証券取引所(SET)の株式を売却する動きを
予想しています。

タイとイギリスとの貿易額は世界取引貿易額のおよそ2%と
されていることから、短期的な金融市場では影響が出るものの、
中長期ではそれほど影響しないと各業界団体では見ています。

タイと欧州全体との取引は10%となっています。
2015年度、タイはEUの28か国へおよそ220億USドルを輸出しました
(14年比―6%)。
英国へ向けた輸出は40億USドルでした。

※”BREXIT”という言葉について。
ブレグジット”Brexit”と言う英語名詞はBritain(イギリス連邦)と
Exit(退出)を掛け合わせた造語で、もともとはギリシャ(Greece)が
EUを退出することを意味するGrexitから派生したともいわれています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。