タイ政府は”東部経済回廊”プロジェクトの基本方針を閣議決定

タイ政府では”東部経済回廊Eastern Economic Corridor”創出の
基本方針を閣議決定しています。
遅々として進まない高速鉄道プロジェクトに代わり、”東部経済回廊”
開発プロジェクトによる新しい経済刺激、経済成長を目指すと
しています。

期間5か年の中で中国政府には特別な恩典を与えると副首相は
発言しています。
工業団地として26,000ライ(1ライ=1,600㎡)の開発余地があり、
バイオテック、バイオ燃料、航空、自動化機械、ITデジタル、
医療、医療機器などの投資を求めるとしています。

このタイ東部経済回廊プロジェクトは、チョンブリ県、ラヨーン県、
チャチェンサオ県を中心に開発し、鉄道、大型道路、港湾、灌漑
などの案件も含まれる予定です。
・レムチャバン貿易港Laem Chabang’s第3フェーズ
・ウタパオ国際空港U-Tapao International Airport
・バンコクラヨーン高速鉄道Bangkok-Rayong high-speed trainなど。

総投資額は550億ドル~580億ドルと大規模なものになる予定です。