インドネシア上場企業、クラカタウ・スチールは資金投入による効果を期待

インドネシア上場企業のクラカタウ・スチールKrakatau Steel
(KRAS)が2.4兆ルピアの増資によって鉄鋼市場シェアの向上を
目指します。
投入した資金でエネルギーコスト削減を目指し競争力を高めると
しています。

2016年現在で海外の鉄鋼価格はインドネシア国内価格よりも
低い状況にあります。
また、日本製鉄鋼品が自動車産業で多く利用されています。

クラカタウ・スチールはインドネシア国営企業で、
鉄鋼品の製造、ホットロールコイル冷延、ワイヤーロッド、
棒鋼などを製造しています。
他に不動産、エンジニアリング、建設、港湾管理、情報技術サービスなど
も展開しています。
2015年度の業績は売上13億2200万USドル、純利益―3億2000万ドルで
3年連続赤字となっています。

2015年インドネシアの国営製鉄クラカタウ・スチールと新日鉄では
自動車用鋼板製造・販売事業の合弁会社、クラカタウ・ニッポン・
スチール・スミキン(KNSS)の鉄鋼生産工場建設に着手しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。