インドネシア政府では2016年に国営企業へ資金投入する計画

2016年6月、インドネシア政府では国営企業へ資金投入する計画を
承認しています。
合計53兆9800億ルピアで対象は24国営企業としています。
国営企業省大臣のRini Soemarno氏は、2015年度に一度
中断していた国営企業への資金注入案を改訂し今回の金額に
なったとしています。

インドネシア国営電力PT Perusahaan Listrik Negara(PLN)が
23兆ルピアで最大。
新規の発電所建設やトランスミッションなどのネットワークへの
投資に振り分けます。

国営・建設大手のウィジャヤ・カルヤPT Wijaya Karya(WIKA)、
国営・建設大手のペンバングアン・ペルマハーンPT Pembangunan
Perumahan(PTPP)、国営で高速道路建設・運営のジャサマルガ
PT Jasa Marga(JASA)などが対象になります。

ウィジャヤ・カルヤPT Wijaya Karya(WIKA)社の2015年度業績は
売上13兆6201億ルピア、純利益6250億ルピアでした。

ペンバングアン・ペルマハーンPT Pembangunan Perumahan(PTPP)
の2015年度業績は売上で前年比14%増の14兆2200億ルピア、
純利益は38%増で7403億ルピアでした。