インドネシア金融庁は国営金融機関の統合を計画

インドネシア政府傘下のThe Indonesian Financial Services 
Authority(インドネシア金融庁)は、すべての国営銀行の株式を
保有する持ち株会社を2018年までに設立する計画があると明らかに
しました。
各国営銀行の経営効率化と資本増強を目的としています。

仮に同プロジェクトが実現すれば、マンディリ銀行Bank Mandiri(BMRI)、
ラクヤット・インドネシア銀行Bank Rakyat Indonesia(BBRI)、
バンクネガラ・インドネシア銀行Bank Negara Indonesia(BBNI)、
タンブガン・ネガラ銀行Bank Tabungan Negara(BBTN)などの
金融機関が統合することになります。

AEC内では2020年度までに金融面でのASEAN統合を進める計画があり、
インドネシア政府では国営企業の業績改善、規模拡大を目指しています。
インフラ・医薬・鉱業・保険など国営企業が存在するセクターで
持株会社1社を設立する方向で検討しています。

特にインドネシアでは総GDPの30%を金融市場が占めており、
融資関連市場は年率+20%以上で伸びています。
しかし中小金融機関を含め120以上の銀行があり、60機関まで統廃合を
進めたい狙いもあります。
また、イスラム金融市場も2005年からは年率+30%以上で
成長しています。
しかし、インドネシア国内イスラム金融はまだ5%のシェアしか
ありません。
マレーシアでは既に20%のシェアがあります。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。