マレーシア二部上場のビボコム・インターはぺラ州で住宅開発

マレーシア証券取引所2部市場上場企業、
Vivocom Intl Holdingsビボコム・インターホールディングス
(VIVOCOM)の傘下、Vivocom Enterprise Sdn Bhd(VESB)は、
ペラ州キンタ地区での4,032戸数の住宅開発プロジェクトを
Seni Perspek Sdn Bhd社と共に1億8954万リンギで開発する
合意をしています。

ビボコム社は旧社名Instacom Group Berhadで、ソフトウェア開発、
通信エンジニアリング、ITサービス、建設などを手掛けていました。

2015年度業績は売上9800万リンギ、純利益879万リンギとなっています。
同社は2016年1月に社名変更を発表していますが、業績には影響なく、
中国企業からの受注を増やしています。
また社名変更はブランドイメージ強化を目指すためとしています。

2015年にはアルミニウム(マレーシア)社を含むNeataグループ社の
35%株式を取得し、その後も株式を買い進め78%まで保有しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。