マレーシア上場企業のクスカピ社、味千ラーメンの発注レジ端末契約受注

マレーシア証券取引所上場企業のクスカピCuscapi Bhd
(CUSCAPI)社は香港証券取引所上場企業のAjisen China 
Holdings Ltdから自動受注システムの契約を受けることに
なったとし、およそ1億5200万リンギ、2億5000万中国元を
得られると期待しています。

クスカピ子会社Cuscapi Interactive Technology(China)
PtyLtdの25,000台のREV自動発注・受注システムタブレットを
Ajisen社が導入します。

クスカピ社は地理情報システムなどをマレーシア、東南アジア、
中国などで展開し、その他にソフトウェア、ITシステム開発なども
手掛けています。
2015年度業績は売上4380万リンギ前年比-15%減、純利益2450万リンギ
と大幅な赤字になっています。

Ajisen社は中国国内で634店舗のラーメン店舗を展開し、2015年度末で
30億HKドルの売上を誇ります。