8月7日、タイの国民投票結果が正式に発表

タイの選挙管理委員会は、新憲法案の是非を問う8月7日国民投票の
集計結果を発表。
新憲法案は61%で賛成多数となりました。
プラユット暫定首相は会見で新憲法に基づく総選挙(議員選出)が
2017年11月にも実施されるとコメントしました。

今回の国民投票では新憲法案に賛成が1,682万票(61.4%)、
反対が1,059万票(38.7%)となりました。
事前調査ではタクシン派支持政党・不支持政党がそれぞれ反対の意見を
出していましたが、今回の新憲法案を通し早期民政化を目指す意思が
働いたとの意見が出ています。

タクシン支持派層が多いタイ北部・東北部でも北部の賛成票57%、
東北部の賛成票48%となりました。
野党の力が大きい中部では69%が賛成、南部でも76%となっています。

今回の選挙結果によりプミポン国王の承認を経た後に新憲法が
公布されます。
プラユット暫定首相は今後の日程として、新憲法が約3カ月後に公布、
議員を選出する総選挙は2017年11~12月の実施予定としています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。