タイの不動産仲介・投資のピヤ・インターナショナルはカオヤイ地区40ライを開発

タイで不動産仲介・投資を手掛けるピヤ・インターナショナル
Piya International社はNye Estate Company社と共同で
20億バーツを投じ、不動産開発を進めます。
ナコンラチャシマ県のカオヤイ地区40ライの土地で住宅複合
コンプレックスを建設します。

同プロジェクトはDr Piya Bhirombhakdi氏が率いる企業グループが
開発し、高級住宅セグメントとして富裕層観光客やタイ東北部富裕層を
ターゲットとします。
道路を挟んで反対側にはワイナリーで有名なPB Valley Khao Yai
Wineryがあります。

カオヤイ地区はバンコクから近い高原エリアで近年開発が進む
高級リゾート地になっています。
中央に走るPhansuk-Kudkhla通りがMittraphap Highway、
Thanarat Roadに接続され、南側には自然豊かなカオヤイ国立公園が
あります。

ピヤ・インターナショナルはPB Partners Group社の子会社で、
高級ホテルのエージェントとして成長してきました。
スクンビット33に本社を構え、これまでPhulay Bay、
Ritz-Carlton Reserveなどを扱っています。