マレーシア上場のクンプラン・ペランサン・セランゴールはCCB社を買収

マレーシア証券取引所上場のクンプラン・ペランサン・セランゴール
Kumpulan Perangsang Selangor(KPS)社は、
セメントパッケージング大手、Century Bond Bhd(CENBOND)社の
株式71%の取得合意をしたと発表しています。
取得金額は1億5003万リンギとなっています。

州政府が投資をしているクンプラン・ペランサン・セランゴール社は
貿易・ホテル関連事業を展開する企業です。
ホテルではQuality Hotel City Centre(QHCC)、
子会社にはHydrovest Sdn.Bhd、Viable Chip(M)Sdn.Bhd、
Perangsang Oil&Gas Sdn.Bhd、Perangsang Telco Sdn.Bhd.などが
あります。
2015年度業績は売上で8500万リンギ、純利益で5500万リンギでした。

過去には上水事業をメインとしていましたが、水事業資産を
売却しています。
その売却益を基にして2016年度は3億リンギを投資する計画です。
既にAqua­Flo Sdn Bhd(水処理化学品製造)の51%、
SmartPipe Technology Sdn Bhd(統合水処理プロバイダー)の51%、
Kaiserkorp Corp Sdn Bhd(マットレス製造)の60%の株式を
それぞれ取得しています。

センチュリーボンドCentury Bond Bhd(CENBOND)社は
プラスチック包装、建材、製紙、倉庫事業などを展開しています。
2015年度業績は売上1億6200万リンギ、純利益1500万リンギでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。