タイ上場企業の航空会社、バンコク・エアウェイズは第2四半期好業績

タイ上場企業の航空会社バンコク・エアウェイズBangkok Airways
(BA)社は2016年上半期で売上が前年同期比12%増で141億バーツ
あったと発表、純利益では14億2500万バーツで前年同期比
23%増でした。
第2四半期はチェンマイ~メーホンソン路線、バンコク~ダナン路線
の就航を発表しています。

また、同社はオーストラリア・エアライン社とのコードシェア提携を
発表、これによりコードシェア提携会社は21社まで増加しました。
今回の提携によりタイからヨーロッパまでのアクセス、
またオーストラリア・エアライン側もカンボジアなどへのアクセスが
容易となります。

他に航空会社ではLCCエアアジアの持ち株会社アジア・アビエーション
(AAV)が2016年上半期売上171億4800万バーツ、純利益14億3100万バーツ
となっています。

また、同じくLCCのノック・エアライン(NOK)では、
上半期売上81億3900万バーツ、純利益―11億5100万バーツとなっています。