2015年国連アジア太平洋経済社会委員会調査でのブロードバンド回線普及率タイは20位

2015年の国連アジア太平洋経済社会委員会Economic and Social 
Commission for Asia and the Pacific(ESCAP)による研究
では、タイの固定ブロードバンド回線普及率は100世帯中9.2%まで
に広がり、世界で20位となったとしています。

他のアセアン諸国では、シンガポールは26.5%で1位、マレーシアは
9%で21位、ベトナムは8.1%で22位、ブルネイは8%で23位、
フィリピンは3.4%で30位となっています。
世界平均は100世帯中11.2%で、アジア域内トップは韓国40.2%に
なっています。
日本は30.5%でした。

タイ政府では今後新規周波帯のオークション・民間参入を進め、
デジタルデバイド解消を目指します。
タイの固定電話回線市場には古くからタイ電話公社(TOT)、
タイ通信公社(CAT)、トゥルー(TRUE)、
ジャスミン・インターナショナル(JAS)などが参入していました。
近年はAIS社が光ファイバー通信として新規参入を開始しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。