マレーシアの大手企業、ベナレク・ホールディングス、企業解説

マレーシアの大手企業であるベナレク・ホールディングス
Benalec Holdings(BENALEC)社は海洋建設、エンジニアリング、
船舶関連サービスを手掛けています。
また、その他オフショア及び付帯サービス、干拓、浚渫や護岸工事、
防波堤の建設を得意としています。
造船サービスでは船舶修理、保守、製造および改修サービスなどがあり、
埋立地の開発・土壌の管理なども含みます。
2015年度業績は売上1億8100万リンギ、純利益846万リンギでした。

ベナレク社と同じくマレーシア上場企業のサルコンSalcon Bhd
(SALCON)社は2016年8月に両社の浄水処理・排水処理、灌漑施設の
インフラプロジェクト(ジョホール州Tanjung Piai Integrated
Petroleum社、Maritime Industrial Park内)での01411ヘクタール
開発の会合を取りやめています。
同プロジェクトは2015年からMOUを結び、大規模水施設の開発を進める
予定でしたが、双方の合意点が見いだせなかったためとしています。

サルコンSalcon Bhd(SALCON)社はマレーシア上場企業で、
建設、貿易、サービス、不動産開発などを手掛けています。
また上水事業、排水処理事業メインの開発も多くの実績があり、
上下水道、水道技術サービス及び水処理ソリューション事業などを
手掛けています。
2015年度業績は売上1億2300万リンギ、純利益554万リンギでした。