タイの音楽芸能大手のRS社はスポーツコンテンツを増やす計画

タイの音楽芸能大手、RS社はスポーツコンテンツを増やす計画です。
デジタル放送のチャンネル8でスポーツ系番組を増やし、
視聴率増加を狙います。
RS社の2016年上半期業績は売上で19億7000万バーツ、
純利益2190万バーツでした。

同社のCOO最高執行責任者Pornpan Techarungchaikul氏は
スポーツコンテンツの中で特にムエタイはタイで海外フットボール番組に
次ぐ人気があり、他社局との差別化を図る意味でムエタイの番組数を
増やすとしています。

チャンネル8では”8 Max Muay Thai”、”The Champion”、”The Battle”、
“Sang Wien Nak Su”などでボクシング・格闘技番組を放映していて、
そのうち2つは海外ライセンスです。
“8 Max Muay Thai”はタイと海外の競技者を競わせています。
“The Champion”は3ラウンドの格闘技、”The Battle”はボクサーと違う
ジャンルの格闘家、”Sang Wien Nak Su”はハイライト番組になります。

ムエタイなどの格闘系はChannel7、Channel8、 WorkpointTV、Channel3
などが放映しており、一番人気があるムエタイ番組はチャンネル7:BBTVが
放映する”Muay Thai Jed See”です。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。