タイの製鉄事業、ミルコン・スチールは高品質な特殊鋼の生産研究

タイで製鉄事業を展開するミルコン・スチールMillcon Steel
(MILL)は、Special bar quality(SBQ):高品質な特殊鋼の
生産研究可能性を調査すると発表しています。
タイ国内生産のフィージビリティスタディを実施していき、
日系企業との協業可能性を図るとしています。

SBQ(Special bar quality)は自動車産業やエンジニアリング産業で
用いられる高品質な特殊鋼のことで、タイ国内ではほぼ生産が
出来ていません。

同社では高品質な特殊鋼の生産で自動車産業向けにハイエンド価格帯で
提供し、低いグレード市場との差別化を図ります。
近年中国からの価格が低い鉄鋼製品が入り込み、同社もその価格競争に
巻き込まれました。

自動車産業向けの高品質特殊鋼品は主に日本から輸入されており、
タイ国内ではほとんど製造されていませんが、自動車産業では強い
需要があります。

ミルコン・スチール(MILL)社は鉄鋼製品:棒鋼、高圧鉄鋼品、熱延コイル、
スチールシートなどを製造、自動車部品・建設企業向けに提供します。
旧社名はMillcon Steel Industries社で、2013年企業名変更しています。
2016年度上半期の業績は売上104億9400万バーツ、
純利益6億3400万バーツでした。

Millcon社とKobe Steel社は2016年2月に線材の圧延、
販売を行う合弁会社、コベルコ・ミルコン・スチールの設立を決めたと
発表しました。
年産4万トンの線材を生産します。