タイ証券取引所二部市場のTPCパワーホールディングス、2021年度までに350MW規模の発電能力へ増加

タイ証券取引所二部市場(MAI)に上場している
TPCパワーホールディングスTPC Power Holding
(TPCH)社はタイ・ポリコンズThai Polycons(TPOLY)の
子会社です。

タイ・ポリコンズ(TPOLY)社は建設サービス、エンジニアリング、
土壌工事、電力事業を展開し、大型商業施設、オフィスビル、病院移設、
発電所、工場などを建設しています。
主な実績ではIndex Living Malls、Phathumthani University、
Ajinomoto plant、Rayong Hospitalなどがあります。
2015年度業績は売上23億2700万バーツ、純利益―2億7800万バーツでした。

TPCパワーホールディングス社ではさらに発電能力を増やし、
2021年度までに350MW規模の発電能力へ増加させます。
バイオマス発電 廃棄物処理発電、水力発電などにより発電容量を
引き上げる計画で、既に認可を得ているとしています。
2016年時点では20MW規模となっています。

2013年にタイポリコンズ社は発電事業への多角化を目指し、
子会社TPCパワーホールディングス(TPCH)をタイ証券取引所二部市場へ
上場させました。
2015年度業績は売上3億2200万バーツ、純利益4600万バーツでした。