タイ証券取引所がタイのベンチャー企業・スタートアップ企業向け支援を準備

タイ証券取引所(SET)では今後タイのベンチャー企業、
スタートアップ企業向けに資金調達、増資などの情報ツールを
集めた施設を準備すると発表しています。
スローガンテーマThailand 4.0を実現するために若い企業の
技術開発支援、イノベーションが必要であるとしています。

同証券取引所ではスタートアップ向けに上場のための魅力的な
プランを検討し、候補先の一つとしてバイオ技術分や企業を
挙げています。
また、同スキームをカンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムへ
広げていくように進め、タイを資金調達しやすい環境下へ置くと
しています。

タイ財務省が目指すのはタイランド・フューチャー・ファンド
(TFF)で、2016年7月より100億バーツで始まっています。
その一部をベンチャーキャピタルなどへ投資していく計画です。

タイランド・フューチャー・ファンドは1000億バーツ規模で
大型幹線道路、鉄道、港湾整備のために組成される国営ファンドで、
タクシン政権下で始まったヴァユパックファンドを由来とします。
最低リターンを保証することで投資家への安定的な配当を目指します。

まず3本の大型道路Bangkok-Rayongモータウェイへの投資、
アユタヤ県、パタヤ県をつなぐアウターリング道路への投資、
RamaIII通り-Dao Kanong-Kanchanaphisek Road
(西部アウターリング)への投資を決定しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。