マレーシア上場企業、郵送事業のポス・マレーシアは第1四半期好調

マレーシアの上場企業で郵送事業を展開するポス・マレーシア
Pos Malaysia(POS)は2017年度の第1四半期の業績を
発表しています。
売上4億1587万リンギ、純利益では3184万リンギで+40%
伸びました。
高い利益率は郵送サービスからの収益で、特にEコマースを中心と
した物流・オンライン系の郵送量が増加したことを挙げています。
前年の2016年度業績は売上17億1700万リンギ、純利益6300万で、
純利益は-82%と大幅に下落していました。

同社ではワンストップ統合輸送サービスを目指し、
空港内のサービスを行うKuala Lumpur Airport Services Sdn Bhd
(KLAS)社を16年7月に傘下に収めています。
同社はマレーシア全土に郵送・物流ネットワークを展開し、
郵便や宅配便、料金収集などのサービスを行います。
24時間運営のタッチポイント型の郵送サービスなども開始する
予定です。
今後はデジタル認証、印刷関連などの事業を伸ばしていくと
しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。