タイの緑茶飲料・日本食チェーン大手、オイシ・グループは海外戦略強化

By: JDCC BY 2.0

タイの緑茶飲料・日本食レストラン大手のオイシ・グループ
(OISHI)が海外拡張計画をマッピングし、2017年にはタイ国内市場での
地位を強化していくと発表しています。
同社は1999年設立、2004年にタイ証券取引所(SET)へ上場しています。
2016年度1月~9月期業績は売上105億800万バーツ、
純利益8億8700万バーツになっています。

今後12億バーツを投資してバックオフィスの改善、コア商品の開発、
内部環境整備を進めます。
6億バーツは食品部門の投資、3億バーツは飲料部門への投資を
検討しています。
オイシ・グループ社では2017年からはラオス、カンボジアにて
外食レストラン・小売店舗の展開を検討しています。
さらに2018年からはベトナムも候補に入れています。
既にミャンマーのヤンゴンでは”シャブシShabushi”レストランを
2店舗開業しています。
タイ国内では16年9月末時点で242店舗が開業中です。
2017年度目標ではさらに15店舗を新規開業したい考えです。

飲料部門、緑茶部門ではヨーロッパ市場、中東市場を狙います。
タイ国内では2017年度以降の購買力がさらに高まると分析していて、
消費者ニーズや人口構成の変化に対応していき、食品・メニューや
味を改善するなど、製品開発に焦点を当てるとコメントしています。

またティーンエイジャー向け商品開発を進めており、
清涼飲料オイシ・キョホウOishi Kyoho(380ml)は1月~10月期で
32%の利益をもたらしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。