タイ不動産、セナ・デベロップメントが阪急不動産と提携

タイ証券取引所上場で中堅不動産開発のセナ・デベロップメント
(SENA)社では、阪急不動産と共にタイ・バンコクの分譲マンション
事業に参入する合弁会社、SENA Hankyu 1 Co.Ltdを設立しました。
阪急不動産49%、セナ社が51%の出資比率です。
阪急不動産はすでにベトナムに進出していますが、タイでは初の開発
となります。

セナ・デベロップメントSENA Development社(SENA)は
不動産開発、販売、賃貸をメインで展開し、バンコク中心部、
郊外などで中価格帯の不動産販売をしています。

プロジェクトではSena Grand Home、Sena Greenville、
Sena Villa、The Niche、The Kith、The Cache、
Sena House Lamlukka Khlong2などがあり、別事業としては
倉庫事業も展開しています。

子会社にはVictory Asset Management社、
S&P Estate Development社、S.N. Asset Development社、
Property Gateway社などがあります。

セナ・デベロップメントSENA Development社(SENA)の2016年
1月~9月期業績は売上32億8900万バーツ、
純利益6億6000万バーツでした。