タイの不動産開発大手、カントリー・グループ・ホールディングスはSET50入りを目標

タイの不動産開発大手、カントリー・グループ・ホールディングス
Country Group Holdings(CGH)は、2020年度までにSET50入り
(優良大手企業グループ)を目指すとしています。

2015年度に組織を大きく改編した同社は、カントリーグループ証券
Country Group Securities(CGS)から不動産関連投資企業へシフト
しました。
低調な株式仲買会社から投資持株会社に移行して、投資事業が
成長しています。

同グループはタエチャボン財閥Taechaubol familyの2代目が
運営していて、4つの主要事業は以下のようになっています。

1:証券仲介のカントリーグループ証券99%出資
2:資産管理会社MFC Asset Management社の24.8%出資
3:鉱山開発パデン・インダストリーPadaeng Industry(PDI)社の
24.9%
4:不動産開発のカントリーグループデベロップメント
Country Group Development社の9%出資

カントリー・グループ・ホールディングスCountry Group Holdings
(CGH)の2016年度の1月~9月期業績は売上11億9100万バーツ、
純利益3億5900万バーツでした。

証券仲介売上は2014年10億200万バーツであったのが、
2015年8億6700万バーツ、2016年1月~9月期の業績で
4億8100万バーツと下落傾向が続いています。

また、主要事業の一つであるパデン・インダストリー(PDI)社は
2018年以降に国内外の太陽光発電所から高い収入を生み出す可能性が
あると追記しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。