中国最大手ECのアリババ集団Alibaba社とシンガポール・ポストとの関係

中国最大手ECのアリババ集団Alibabaでは2016年12月末に
Singapore Post Ltd(S08)の株式をさらに1億800万株
(1億8700万Sドル分)追加取得の計画があるとしています。
Alibabaでは2014年、シンガポール・ポストへ約10%の
出資比率を得るために3億1250万Sドル投資しました。

2016年、同社はさらに9170万Sドルを投資してシンガポール・
ポストの子会社、カンタムソリューションズQuantium Solutions社の
株34%を取得しました。
シンガポール・ポストは、カンタムソリューションズの残66%の株式を
所有しています。

シンガポール証券取引所(SGX)上場のシンガポール・ポスト(S08)は
設立1819年の老舗企業です。
郵便事業、EC事業、宅配事業などを展開していて、シンガポール国内、
国際的な運送業務、金融業務や集金代行業務なども行っています。
2003年5月にシンガポール証券取引所に上場しました。
2014年以降アリババ集団との関係を強化していきました。

シンガポール・ポスト社は2017年にSPC Mallの開発で1億7700万Sドルを
必要としています。
2016年時点の株主構成は、Singapore Telecommunications Limited:
22.9%、Alibaba Investment Limited: 10.2% となっています。
2016年度の業績は売上11億5100万Sドル、純利益2億4800万Sドルでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。