タイ証券取引所、2017年度内にスタートアップ企業向けの証券市場創設

タイ証券取引所は2017年度内にスタートアップ企業向けの証券市場、
店頭株式市場を創設することを発表しています。
新興企業への投資リスクを考慮できる投資家向けに規制を設けて
スタートアップ市場の育成を目指すとしています。

近年はFINTECHなど金融&ITなどを組み合わせたベンチャー企業や
物流&ITを組み合わせた企業なども出現し、Eコマース系企業も
成長を続けていることから、タイ証券取引所(SET)でも
注目していました。

同市場の名称はまだ決定していないものの、Over-the-counter(OTC)
プラットフォームの準備を着々と進めていくとしています。

タイ証券取引所(SET)委員会ではスタートアップ企業への資金調達、
育成などを目的として、いずれ二部市場、一部市場への引き上げや
魅力ある市場への旗振り役として期待しています。
2017年1月時点でタイの二部市場には年初122社、年末に134社まで
増加しました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。