タイで展開するドイツ系コングロマリットのBグリム・グループ、企業解説

ドイツ系コングロマリットであるBグリム・グループは
1878年に設立され、タイで古くから展開している複合企業です。
CEOはHarald Link氏、以下のような事業を展開しています。

1:エネルギー・発電 
 タイとベトナムで発電所を建設し工業団地へ電力供給
2:ビルディング・工業向けシステム
 アメリカ資本 Carrier Corporation社のエアコン製造・販売、
 スウェーデン資本のBeijer B.Grimm (Thailand)社を設立
3:ヘルスケア
 医療機器・医薬品 Merck、Maquet、Siemens、Carl Zeiss AGの
ブランド製品を提供
4:不動産開発
 高層オフィスビルAlma Link Building(バンコク) 
 Dr. Gerhard Link building(スワンナプーム)
 パタヤでの不動産開発
5:インターネット
 金融比較サイト Masii.com(https://masii.co.th/thai)の運営
6:輸送・トランスポート
 B.Grimm、STENCON、Siemens3社のコンソーシアムで空港鉄道を建設

子会社のBグリムパワーB.Grimm Powerはタイ最大の工業団地である
アマタナコン工業団地内で、第1号案件の166MWクラスの発電所、
Amata B.Grimm Power1を建設中です。
2016年末時点でB.Grimm Powerの総発電能力は1,627MWを有し、
民間電力会社でも有数の発電企業です。
同社は今後5年間に生産能力を5,000MWに増やす計画を検討しています。

アマタB.グリムパワーAmata B.Grimm Powerには、Bグリム・グループ、
住友商事、タイ工業団地開発大手アマタ・コーポレーション(AMATA)が
出資しています。
発電した電力はタイとベトナムの工業団地に供給しています。

Bグリムパワー社は2016年に4県で1,670ライを占める15の太陽光発電所
に80億バーツを投資し、114.2MWの発電出力を達成しました。

また、AMATA B.GRIMM POWER POWER PLANT INFRASTRUCTURE FUND
(ABPIF)は2013年に新規上場したインフラファンドで、IPO時に
60億バーツ以上を調達しました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。